鬼トレファンクラブ

毎日続けるコツ2

クタクタなりに、毎日続けるコツを考察する2回目です。

 

コツ 隙間時間を活用する

効果とは反比例してしまいますが、
隙間時間を使用するというのは大事なことだと思います。

 

鬼トレは集中して行うほど、効果があがりやすいと思います。
しかし、集中しづらい、隙間時間を使うというのは反していると考えられるからです。

 

集中するために必要な、「集中できる環境」はどのような物があるでしょうか?

集中できる環境とは

集中的にできる環境を考えると、例えば

●朝脳が活性化しているとき
●周りに誰もいなく、静かな時

になるかもしれません。

 

いや、そうであったとしましょう。
すると、鬼トレをプレイできる時が限られてきてしまいます。

集中力<継続力

鬼トレは集中力もそうですが継続することの方が最低条件だと思ってます。
毎日やっていく中で、時に8種目こなして効果を上げたり、
時により集中できる環境でおこなったり。

 

基本的に一日一種目しかやらなかったとしても、
それでも効果はあると感じます。

クタクタはどうしていたか?

そこで、やっと本題ですが、続けるためには隙間時間です。
一番私が活用しているのは
「電車の中にいる時」
です。

例え集中しづらくとも有意義だと思える時間確保は大事

まわりに人がいて集中しづらいかもしれません。
時には壁に寄りかかりながらのプレイになるかもしれません。

 

でも、私にとっては確実に続けられる習慣となり、電車に乗らなくない日が少し嫌でした。
(休日とか)

わざわざ時間を確保するのは大変

なぜなら、鬼トレをやる時間が作りづらいからです。
わざわざ鬼トレをやるんだ!と思うと結構辛いです。
仮に8種目やるなら、最低でも40分は必要です。

 

毎日プレイするには、私の場合は電車の中でしたが、何か隙間時間を見つけてみるのはいかがでしょうか?

 

前回分の記事「毎日続けるコツ

 

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
クタクタのレターポットはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加  

トップページ 鬼トレとは ゲーム内容 評価・レビュー 関連リンク 続編希望者数調査