鬼トレファンクラブ

川島教授の言葉から考える 対象能力

 

それぞれの対象能力や狙い、目的を過去の教授の言葉から推測、まとめをしてみます。

 

カテゴリ:Nバック系

記憶をしたり、覚えたものを記憶から消したりの、繰り返しの作業
二重課題で脳への負荷が高い

鬼計算 視覚情報
鬼記号 言語に頼らない
鬼耳算 聴覚情報

 

カテゴリ:空間系

空間処理能力
空間的な情報を、ワーキングメモリー上で更新し続ける。

鬼ネズミ 予測する能力も時に必要(LV7以上)→サッカーやラグビーなどに有効か。
鬼カップ

 

カテゴリ:スパン課題

鬼ブロック 視覚情報の記憶
鬼朗読  言語情報の記憶

 

カテゴリ:なし

鬼めくり 普通にワーキングメモリーを鍛える(?)

 

鬼トレ補助:

認知速度(頭の回転の速さ)を鍛える
認知速度が速くなるだけではなく、実行機能(思考や行動を制御する能力)やワーキングメモリーを向上させる

 

狙いがわかると、トレーニングの質も違ってくるかもしれません。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

トップページ 鬼トレとは ゲーム内容 評価・レビュー 関連リンク 続編希望者数調査